こんな時代だからこそ!求められる内定者フォロー

内定者フォローの必要性

景気が良く、社会に出ることが楽しみで仕方がないという時代がありました。社会に出て働けば、多くのお金や自由を手にして楽しい毎日を送ることができるからです。ただ、バブル崩壊後はこれといった経済の上向きはなく低迷傾向が続きます。その中で飛び交うのは減給・解雇・過労などネガティブなワードばかりなので不安になるのも仕方ありません。平成生まれの所謂ゆとり世代が次々と社会人になっていますが、ゆとり世代は生まれてから不景気しか見ていないので元気な日本を知らないです。中年世代であれば夢をもう一度という気概で働くことができますが、このような世代による考え方の違いを把握しておきたいです。

どのような不安を取り除く?

内定者フォローでは、まず社会人生活に対する不安を取り除いてあげます。これまで平日は高校や大学で授業を受けていたのに、これから毎日仕事をするというのは大きな変化です。ほとんど仕事をするという毎日を想像するだけで不安になってしまう方もいるので、その不安を解消しないと実力を発揮できません。次に人間関係の不安ですが、社内の人間関係は友人ではなく利害によって成り立つ傾向があるので仕事における連携で雰囲気が悪くなれば自然と距離も離れてしまいます。これまで横の繋がりで生きてきたにも関わらず、いきなり利害関係の世界になるので戸惑ってしまいます。人間関係の不和で退職する人も多いのが実情なので、不安になるのも仕方ありません。仕事の進め方も日進月歩と言えますが、キャリア構築の流れに関する説明も必要不可欠です。

社員教育とは職員へ向けてお客様や取引先への応対の指導を行うことです。クレームやトラブルへつながることがあるので、日ごろからしっかりと取り組むことが大事です。