個人事業である程度収益が出てきたら開業届けを出して青色申告を

自営業を始めるときに出すことも出来る

青色申告というとある程度事業を行ってからでないと開業届けを出すことが出来ないのではないかと考える方は多いですが、実際には自営業を始めるときにすぐに開業届けを出して青色申告者になることは可能です。白色申告との違いは控除額と帳簿の作成方法に違いがあり。白色申告者の場合には控除額が38万円までしか認められていないのに対して、青色申告を行うと基礎工場の38万円にプラスして特別控除の65万円分を差し引くことができるので、所得税がその分安くなります。しかしながら白色申告の簡易帳簿とちがい複式帳簿をつける必要があるので、自分で帳簿作成をするとなるとある程度の知識は必要です。現在では青色申告専用のソフトもあり、その日の売上と経費を入力することで自動的に複式帳簿を作ることができます。

安くなるのは税金だけではない

青色申告で安くなるのは税金だけではありません。国民健康保険に加入している場合には国保料も安くなります。

青色申告でわからないことがあったら

青色申告でわからないことがあった場合には税務署の窓口などに問い合わせることでどんな質問でも答えてもらうことができます。もちろん青色申告の申告作業が面倒な場合には税理士にすべてを一任するのも悪くはありません。青色申告者を対象とした勉強会や有償のセミナーなどを開催している団体も多いので、自分で申告をされるかたはそうした勉強会に参加して青色申告の基礎から応用までを学ぶと良いでしょう。帳簿と言っても難易度の高い知識を要求されるわけではありませんから、自営業を始める際にはぜひ青色申告で開業してみましょう。

青色申告とは、事業所得や不動産所得などがある人が正確に所得や税額を申告することで、税制上の優遇措置を受けることができる制度です。