素人は営業に手を出すな、営業はプロに任せろ!

製造業の救世主が営業代行業

従来までの製造業は加工や組立を行い工賃を得ることが出来ましたが、労働単価の安い海外へ製造を委託する企業が増えると国内の製造業は売上が低下、製造業も自ら商品を生み出し販売しなくては生き残れない時代に突入しました。製造業は商品を生み出すことは出来ても、販売する伝手がありません。自社で販売を行う営業員を育てたくても、製造業へ就職する方はコツコツ地道にモノづくりをすることには向いていますが、自らアピールできる社交性を苦手とする方が多いため営業員には不向き、無理に営業をさせると辞職、今の時代ではパワハラと受け止められます。一から営業員を育てることは容易なことではなく、売れる保証もない商品のために高額な費用を使って営業員をヘッドハンティングすることは得策ではありません。一時凌ぎの営業員として相応しいのは、一定期間だけ雇うことも出来る営業代行業です。

営業代行業は営業のプロフェッショナル集団

営業代行業は営業ノウハウを習得している営業のプロフェッショナル集団、あくまで営業の代行を担うだけのため終身雇用する必要がありません。製造業の多くは受託生産、そのため客を開拓するスキルを有していませんが、営業代行業は顧客となり得るリストも持っているため、無駄なく効率的な営業が可能です。営業代行を依頼する時に気になるのが料金、高ければリスクになり、安くても結果が伴わなくては意味がありません。営業代行の料金は、一律の料金体系であれば明朗会計で安心、完全歩合制で契約すれば結果が出なければ支払う必要がなく、営業実績が上がれば依頼した会社と依頼を受けた営業代行業者は互いにウィン・ウィンの関係、営業代行業者は長期のビジネスパートナーになり得る存在です。

営業代行とは、企業の依頼を受けて営業活動を代行をする業務のことを言います。営業活動とは、商談や提案を含む契約や受注を獲得することを指します。