知ってるとトク?引越前の片付けポイント3つ!

使わないものから順番に!

使わないものというのは、例えば季節ものの衣類などです。引越までに使用しない可能性の高いものは先に荷造りしてしまいましょう。そして、使用頻度の少ないものから徐々に梱包していきます。最後に残るのは、毎日よく使うものかもしれません。それらは、最後にまとめて一つのダンボールに入れておき、すぐに開封!と記載しておけば、新居での生活をスムーズにスタートさせることができるでしょう。

とにかくいらないものは処分!

引越は、所持品を見つめ直し、不用品を処分する格好のチャンスです。1年間全く使わなかったものは今後も使う可能性が低いので処分するのが実際的かもしれません。この点を意識して、部屋にあるものをすべて梱包するのではなく、同時進行で仕分けをし、不必要と感じるものはその時点で思い切って捨ててしまいましょう。荷物を減らすなら、引越時はもちろん、その後の荷解き作業も楽になります。

やみくもに詰める、はNG!

ダンボールに詰める際、重いものの上に軽いものを置くなどの調整は大切ですが、後々のことも考えて、効率良く梱包しましょう。例えば、同じ棚に入っているものは、なるべくバラさないよう、同じダンボールにかためて入れると、引越後の片付けが楽になります。またできるなら、なるべく同じ部屋のものを同じダンボールにまとめるよう心がけることもできるでしょう。そのように、ちょっと意識して工夫するなら、荷解きする時にややこしくならずにすみますよね?

いかがでしたか?引越の片付けは大抵スピーディーに行なうものですが、どう片付け、荷造りをするかは、後々の苦労の大きさに影響します。テンポ良く、そして効率良く片付けて、引越後の荷解きがしやすくなるよう、工夫してみるのはいかがですか?

不用品の回収は様々ありますが、電気を通せば動くものの場合、仮に故障していたとしても、近地の場合無料で引き取りに来てくれる業者もあります。