失敗してもめげないで自営業に挑戦しよう!

ステップアップとして考える

学校に通って一般常識を身につけた後、就職先を探して会社勤めを始める…これってほとんどの人がそうですよね。問題はその後、生涯その会社で働き続ける人もいれば、会社を辞めて転職する人もいます。企業として人材を失うことは多大な損失につながりますが、本人としては企業で得た知識や技術を生かして転職することができれば、大きなステップアップとして考えることができます。企業に属しているという人がほとんどの世の中ではありますが、自ら起業して成功を収めているという人も少なくありません。

勤めていた職種を活かす

自営業を立ち上げる時は勝算の見込みを持って始めるものだと思いますよ。売上予測の計算も必要ですし、起業前に働いていた会社でそういったノウハウを学んでおくと、独立する時に大きな財産となります。学んで得た知識があるなら、それを活かせる職種に転職するというのが賢明だと思います。自営業始めるにあたって企業側にいる人間が手を貸してくれるという場合もありますし、人間関係や仕事などの繋がりがある人なら、友好な関係を保ちたいですよね。

やりがいや生きがいが持てる

起業は自由ですからしたいことをやりたいようにすることができます。企業に属していると色々な規制がありますよね。「 これはいいけどあれはダメ」などと、やりたいことがあってもできない事ってたくさんあると思います。自営業の場合は自由に働けるという意味で、やりがいや生きがいというものが自ずと見つかる…これって凄いメリットですよね。ただ自営業ってそんなに甘いものではありません。失敗する時は失敗するし、失敗してもめげないで常に挑戦する意思を持つことが必要だと言えますよ。

フランチャイズの経営を学ぶうえで、飲食業や小売業などのノウハウを持つ企業のセミナーなどに参加をすることが効果的です。